【パンダ病棟】

彼方&千影による鏡音サークル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶!

kagami.jpg

初めまして、或いはお久しぶりな方も、改めましてこんにちは。パンダ病棟です。
この度ひとしずくPさんと山△Pさんの楽曲「魔法の鏡」と「鏡の魔法」を題材に作品づくりするにあたり、改めてご挨拶と自己紹介させていただきます。

当サークルでは、今まで「白黒病棟」や「悪ノ」、「スキキライ」や「通常」などのリンレンを通して動画や写真物語、ROMを制作してまいりました。
その題材の世界をいきているリンレンを表現したいと考えながら、撮影に取り組んでおります。
リンを彼方が、レンを千影が担当しております。

今回、作品の題材にさせていただきます「魔法の鏡」を初めて拝聴した時は、優しくて心温まる楽曲だなと感じたのですが、CDを手に取り「鏡の魔法」に出会った時、脳天ズドーン!っとやられるぐらいの衝撃を受けました・・・。
優しいだけじゃなく、切ないだけじゃなく、苦しくて、辛くて、しんどくて、悲しくて、うぐほっ・・・となるこの世界を再現、表現したいと感じ、またこうして作品作りをしよう動き出しました。

公開についてですが、「魔法の鏡」のFullバージョンのコスプレ動画をYouTubeで公開、物語本編となる写真物語「魔法の鏡+鏡の魔法」をROM収録し2014年の冬コミ(C87)にて頒布の予定です。
動画はROMのプロモーションとして11月末ごろに先駆けて公開いたします。
ゲスト、カメラマン、サポートなど沢山の方に本当にとんでもない御尽力をいただきながら、現在準備をすすめております。

今回、ベースの物語は千影が担当。
原曲を踏まえながら更に掘り下げられた世界と人物がぎゅっと詰まっています。
そこで生きる彼らと、『幸せ』とは何なのか、一緒に考え、一緒に最後まで成長していこうと思います。

どうぞ温かい目で見守っていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

                             パンダ病棟 千影&彼方

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pandabyoto.blog.fc2.com/tb.php/47-03592fa3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。