【パンダ病棟】

彼方&千影による鏡音サークル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dimention2.5展、お疲れ様でした。

_syasinn (1)

こんにちは、千影です。
Dimention2.5展、無事に終了いたしました。
18日~31日までの2週間、たくさんの方にご来場いただき、本当にありがとうございました。

自分の映っている写真が、こうして「パネル」という形で展示されるのは初めてで。
もう、会場した後は唖然と自分のスペースを眺めてしまいました。(千影が)

他の参加者の方々は「感想ノート」というものを用意して直接感想をいただいていたみたいなのですが、
パンダ病棟はそこまで頭がまわらず、用意していなくて^q^展示オンリー。
それでも会場内で直接感想を伝えてくださる方もいらっしゃって、とても嬉しかったです。
ROMや写真集は購入してくださった方が帰ってから中身を見るので、
その場で作品を見てもらって直接何か言葉をいただく!というのがとても新鮮でございました。

他の参加者の方々の作品もとても圧巻で。
当たり前かもしれないのですが、デジタルを逸脱した作品の表現って
なかなか見る機会がないので、PCの画面サイズ以上に広がる世界はとても素敵でした。
衣装展示されていたり、壁ほぼまるまる1面写真になっていたり、
もはやアート空間な使い方をしてる人もいて創作意欲がとても刺激されてしまいました。
在廊中にそんな方々とお話出来たのも嬉しかったです、みんな優しかった(*´︶`*)

参加して良かったの一言につきます。

素敵な機会をくださったstudioK様、ありがとうございます。
愛の溢れる素敵な写真展でした。

そして、参加してくださった方々、応援くださった方々、ありがとうございます。
今後の予定はまだ何も決まっていないのですが、
何かあったらまたブログやツイッターなどで随時告知させていただきますので
暇なときにひっそりのぞいていただけたらうれしいです。

またどこかで会う機会ありましたら、よろしくお願いいたします。




千影


以下ちょっと写真展の展示風景と展示したファイルの表紙になったものをちらり。


スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。